全国の安産祈願の名所

関西の安産祈願の名所

関西地区では、大阪府羽曳野市誉田3-2-8に有る誉田八幡宮です。

こちらは、誉田八幡宮末社に「安産社」があります。

昔、神功皇后が応神天皇が誉田別尊(ほんだわけのみこと)を出産した際、槐木をもって産殿の柱を造らせました。

この伝承から、誉田八幡宮の槐木は、「安産木」として出産の際の災難を除き安産の守護として、親しまれてきたそうです。


その他には、京都市北区衣笠天神森町に有る、敷地神社は金閣寺の南にある閑静な神社です。

こちらも古くから安産祈願で有名で、安産祈願の御符は、わらでできています。このわらに節があれば男の子、節がなければ女の子が生まれるといわれているそうです。


兵庫県西宮市甑岩町の有る越木岩神社は、安産と子授けの神様と言われています。

周囲約40m、高さ10mの大きな霊岩で出来たご神体です。

また、巨岩ご神体の形状から女性自身に例えられ、女性を守ってくれる神として、甑岩(こしきいわ)にお参りするとご利益があると言われています。

そこで、安産の神様、子授けの神様として昔から崇拝されてきました。


約1400年前に聖徳太子が建立したとされた兵庫県宝塚市中山寺に有る中山寺は、日本最古の観音霊場です。

安産守護としても有名です。中山寺の「鐘の緒」は、女性の大役である出産の無事安泰を祈る霊跡として、伝統をもち、深く信仰されいます。

関東の安産祈願の名所

関東で有名なのは、茨城県真壁郡大和村本木1に有る雨引観音です。

雨引観音は雨引山楽法寺と呼ばれ、厄除、延命、安産子育の霊験あらたかな国指定重要文化財にも指定されている延命観世音菩薩を本尊佛としています。

「一に安産 二に子育よ、三に桜の楽法寺」と詠われているように、安産子育 祈願のみ寺として深く定着していて、各地から祈願に行かれるそうです。

その他にも、東京都豊島区雑司が谷に有る鬼子母神、安産・子育の神様として広く伝えられています。

八王子市明神町の子安神社は、約1200年前に皇后の御安産祈願のため草創したと伝えられ、八王子市最古の歴史を持っています。神社の社名を見ても分かるように安産の神として親しまれています。また毎月戌の日には安産祈願祭もおこなわれているそうです。

北海道の安産祈願の名所

赤ちゃんがお腹に授かると「どうか無事に産まれて欲しい」「どうぞお産が軽く済みますように」と祈願するものです。

そこで、安産祈願の名所を少しご紹介したいと思います。


北海道では、札幌市東区北12条東1丁目に有る諏訪神社が有名です。

御祭神が夫婦で、たくさん子供が儲けられたこともあり、縁結び、子授け、安産の神様などと言われています。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/900/820/index.html on line 205

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/900/820/index.html on line 205

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/900/820/index.html on line 207