子供を産むためにかかる費用

内祝い費や出産祝いのお返し

出産祝いを品物や現金で頂いたら、お返しをします。

頂いた金額、品物を考慮して決めると良いでしょう。平均3000~5000円です。

現金の場合は3分の1~半返しでお返ししましょう。

子供を産むのにかかる費用

赤ちゃんが授かってとても喜ばしいことですが、現実問題として、初めての出産となると費用がいくらかかるのか不安になることもあるでしょう。

費用は、妊娠してから出産するまでの費用すべてのことをいいます。

多分ほとんどの人は、病院にかかる入院や付随する費用を思いうかべると思います。

しかし、費用は、病院の費用だけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためのベビー用品はもちろんのことお母さんのマタニティグッズ、お祝い返しまで全部含めて考えた方がいいでしょう。

出産育児一時金が給付されるので、うまく節約すれば若干オーバー位で済ますことが出来るかもしれません。

マタニティ費、ベビー用品費

マタニティの服は、普通の服よりも若干高めです。

安定期に入ってくると少しずつおなかが大きくなり、マタニティ服やマタニティ下着を購入しなければいけません。人から譲ってもらったり、リサイクルショップなどで節約するのもいいでしょう。

中にはお腹があまり目立たない人がいて、いつもより少し大きめの服で済んでしまうケースもまれにあります。


また、使う期間が短いベビー用品はレンタルで済ませると費用を抑えることができます。また、お祝いに頂くのも良い手です。

入院、出産費用

病院によってかなり違ってきます。

出産費用の中で一番お金がかかるところでもあります。

平均ですと30~45万円ですが、個人病院(産院)で30~100万円となり、最新設備が整っているところはそれなりの金額になってきます。

今では、院内の食事がフルコースだったり、ホテルに居るかのような病室など多彩です。

一方、公立大学病院では25~30万円 と若干安めになります。

妊娠検査、定期健診代、各種検査代

すべての検査や定期健診代は自己負担です。

なぜなら、妊娠や出産は病気ではないために健康保険の適用外になるからです。

半年までは、4週間に1度、9ヶ月目までは2週間に1度、10ヶ月以降では毎週検診に通います。

検診代は、1度で5000~1万円、総額にすると7万~12万円程度になります。


また、定期健診以外の任意の検査も別途費用がかかります。

しかし、母子手帳には2回分の補助券がついているので、2回分の検査は無料です。

羊水検査を受けると10万円くらいかかります。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/720/index.html on line 224

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/720/index.html on line 224

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/720/index.html on line 226