出産一時金を受け取るためには?

出産一時金は、子供を産むことで支給されますが、一時金をもらうためには申請する必要があります。
加入している健康保険に、必要書類を提出して出産一時金の申請をしましょう。

例えば、国民健康保険に加入しているとしても、役所に出生届を出しても、一時金が自動的にもらえるわけではありません。手続きは別物なのです。

ここでいう「出産」とは、正常に出産された場合以外でも、早産、流産、死産の場合も妊娠期間が85日以上あれば、支給の対象となります。

また、一時金の申請時効は出産から2年以内です。2年過ぎると申請しても支給されないので注意が必要です。


それから、一時金の申請をして、実際にもらえるまでには、1、2ヶ月かかるとみておきましょう。
よって、医療機関に支払うのには通常間に合いませんので、日頃より計画的に出産費用を用意する必要があります。

なお、どうしてもお金を用意できない場合には、出産費資金貸付制度という制度があります。

これは、加入の健康保険が、出産一時金の8割まで無利子で貸付けてくれるものです。
ただし、国民健康保険の場合はこの貸付がなされていない市区町村もありますので事前によく調べる必要があります。


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/120/post_3.html on line 120

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/3) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/120/post_3.html on line 120

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/120/post_3.html on line 122