出産一時金とは

出産一時金とは、子供を産んだ時に給付されるお金のことをいいます。

妊娠は「病気」ではありませんし、病院で出産したとしても病気扱いとはならず、健康保険は適用されません。(出血が多い場合など、適用される場合もあります)
つまり、全額自己負担です。

この費用を補助する意味合いで、健康保険・共済組合・国民健康保険等加入している健康保険より支給されるのが、出産育児一時金です。

出産一時金は、実際に出産する女性が被保険者(健康保険加入者)本人である場合には、出産育児一時金と呼ばれ、被保険者(健康保険加入者)の被扶養者が出産する場合は、家族出産育児一時金と呼ばれます。
給付の内容は同じになります。

また、健康保険に加入していた者が、退職後6ヶ月以内で出産した場合は、出産一時金は、健康保険の被保険者として、在職中加入していた健康保険より支給されます。


出産一時金の金額は、1人あたり35万円です。
ただし、平成18年9月30日以前の出産については30万円です。加入する健康保険組合によっては、プラスαがつく場合もあります。


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/120/post_2.html on line 119

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/3) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/120/post_2.html on line 119

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/700/120/post_2.html on line 121