七五三

七五三とは?

子供の厄年ともいわれています七五三ですが、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳になります。

昔から、七、五、三という数字は縁起の良い数と考えられてきたようです。

男女三歳はそれまで剃っていた髪の毛を伸ばし始める「髪置」や男児五歳は、男児がはじめて袴を身に着ける儀式の「袴着」、女児七歳は帯をつかいはじめる「帯解」という儀式に基づくお宮参りの事です。

七五三 お祝いのやり方

本来、11月15日に日頃の大神様のご加護に感謝し、さらにすこやかに成長していることを感謝し、いっそうの幸福、成長を願って、家族で参拝します。

なかなか、11月15日に参拝できる人ばかりはおりませんので、その前後の吉日に参拝する人が多いようです。

参拝する神社は、子供のことを考えると地域の氏神様もしくは近くの神社へお参りした方が良いかと思います。本来は数え年ですが、子供の成長に合わせて現在では満年齢で行われることもしばしばあるようです。

また、兄弟姉妹のどちらかを数え年、もう一人を満年齢で、二人同時に祝ってしまうケースもあります。あまりこだわらずに家庭の都合で行えは良いと思います。

この七五三に関しては、地域にこだわらず全国的に行われています。

七五三の祝い着

七五三の祝い着ですが、今では洋装も多いようです。

小さい子供が着物を長時間着ることが大変と思う親も多く特に3歳の時などは洋装で祝う人が多いでしょう。

以前は、晴れ着も子供のお母さんの実家で贈っていたようですが、今では貸衣装を利用する家庭も多いので、他のものを贈るケースが増えています。

今は七五三も様変わりし、写真撮影会のような雰囲気になっています。

色々な衣装に身をまとって写真をとり記念にする様です。それはそれで記念になりますし良いのですが、神社にいくしきたりは忘れたくないものです。

七五三に欠かせない千歳飴

忘れてはならない七五三に欠かせないものが、千歳飴ではないでしょうか。千歳飴を食べて祝うのです。

千歳飴は、子供に長寿の願いを込めて細く長くなっており、縁起が良い紅白それぞれの色で着色されています。千歳飴袋は、鶴と亀や松竹梅などの縁起の良い絵が描かれたています。その袋に願いがこめられた飴、千歳飴が入れられるわけです。

この千歳飴は、江戸時代に、売り出したのが始まりとされています。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/620/index.html on line 195

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/620/index.html on line 195

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/620/index.html on line 197