初節句

端午の節句のお祝い

男の子の場合は、端午の節句といい、こいのぼりや鎧兜を飾ってお祝いします。

こいのぼりや鎧兜は女の子同様、赤ちゃんのお母さんの実家から贈られる事が多いようです。

今のこいのぼりは、団地サイズのものもあるようです。

歴史としては、武家時代に、桃の節句に対する男の子の節句として行われるようになりました。


身内を自宅に招いて節句にちなんだ手料理でおもてなしをするのが一般的です。

また、かしわ餅を用意し、当日、菖蒲湯で邪気をはらいます。

菖蒲湯は菖蒲を適当に折り束ね、湯に浮かせます。

生後3ヶ月以内で初節句を迎える場合は、まだ生まれたばかりで大変なようなら来年に持ち越しても良いようです。

そのときの状況に応じて行うといいでしょう。

桃の節句のお祝い

女の子は、桃の節句といい、節句には雛人形を飾りお祝いをします。

この様に雛人形を、飾るようになったのは江戸時代からだと言われています。

その雛人形は赤ちゃんのお母さんの実家から贈られるのが一般的ですが、今の住宅事情もあり、何段飾りという昔ながらの大きなものは飾れない家がほとんどでしょう。

雛人形を贈る側は、当人達の意向を良く聞いてから贈るようにした方が無難です。

雛人形は、15~20万円前後の品物が人気があるようです。


初節句には、身内を家に招き、ちらし寿司やはまぐりのおすまし、煮物など節句にちなんだ手料理でおもてなしをするのが一般的で、雛あられ、ひし餅、甘酒などが用意されます。

祝の品物は、雛人形以外は、日本人形のほかに、2歳くらいまでに必要なものを贈っても良いでしょう。

しかし、重複するとまずいので、現金や金券以外は確認してからの方がいいと思います。

初節句とは?

生まれて初めての節句を「初節句」といいます。

節句は、男の子、女の子それぞれ違っていて、女の子の節句は、3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句です。

節句には、子供の成長を願い身内でお祝いをします。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/550/index.html on line 201

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/550/index.html on line 201

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/550/index.html on line 203