お食べ初め

お食べ初めの正式な膳

正式な膳は、赤飯やご飯、梅干し5個、鯛などの尾頭付きの焼き魚、すまし汁、煮物等です。

ちなみに、丈夫な歯が生えるように小石を3個のせます。

また、梅干しですが、しわがいっぱいになるまで長生きできるようにということからです。

しかし、この時期は赤ちゃんの離乳食も始まるので、成長状態にあわせて離乳食を取り入れてあげると良いでしょう。

食する順ですが、飯、汁物、飯、魚、飯、汁物の順で、3回赤ちゃんの口につけてください。

食器ですが、昔ながらの伝統的な祝い膳は、男の子は朱塗りの膳で、女の子は内側は朱塗り、外側は黒塗りの膳です。

これらは、赤ちゃんのお母さんの方の実家から贈られます。

しかし、今ではプラスチックや陶器の食器を選ぶことが多くなりしたので、贈る方もベビー用食器を贈るケースが多くなっているといいます。

お食べ初めとは?

お食べ初めは、「箸初め」や「箸ぞろえ」とも言います。

地方によって多少違って、110日目、120日目などに祝うところもありますが、一般的には生後100日目頃に行います。

お食べ初めとは、子供が一生食べ物に困らないように願いを込めてお祈りして祝うことです。また、赤ちゃんに食べ物を食べさせると同時に、歯が生えるほど成長したことを喜ぶという意味もあります。


お食べ初めは、赤ちゃんに食べさせる真似をする儀式です。

食べさせ方は、昔の風習では、祖父母や親戚のなかの長寿の人です。これは長寿にあやかると言う意味があるからです。

男の子なら男性、女の子なら女性に頼みます。

本来は、昔のしきたり通りに行うことが一番ですが、今では、両親だけでお祝いすることが多くなったので父親がこの役目をはたせばいいでしょう。

色なおし

また、「色なおし」ということも同時に行うことが多いようです。

色なおしというのは、白いうぶ着から、色付きの晴れ着に着替えることです。

今では、この日より前に色物は着ていると思いますが、お祝いということで、その日は白い服から、色付きの服に替えてみてはいかがでしょうか。   

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/530/index.html on line 197

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/530/index.html on line 197

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/530/index.html on line 199