お宮参り

お宮参りの注意

お宮参りで注意したいことは、この頃の赤ちゃんは体の抵抗力が少ないですから、暖かい日や天気の良い日を選んでお参りして下さい。

お宮参り後は、出産前後にお世話になった人や親しい人にあいさつに行くといいと思いますが、まだ、生後間もない赤ちゃんですので、遠いところは避けましょう。

お宮参り-神社での作法

神社では、男の子は鳥居の左から入り右へ出ます。女の子は反対で、右から入り、左に出ます。

また、お祓いをうけて祝詞を上げてもらう事もできますから、その際には、事前に社務所に連絡し、料金などの確認をしておきましょう。

神社へのお供えの表書きは、紅白蝶結びの金包に「御初穂料」または「御玉串料」と書いて現金を包んで納めます。

このときの心づけは、大体3000~5000円が相場ですが、神社に直接聞いてみた方が安心でしょう。しかし、神社にお参りしてお賽銭だけでも大丈夫です。

お宮参りの服装

慣習では、赤ちゃんは母方から送られた晴れ着を着て、父方のおばあちゃんに抱かれ両親とともにお参りをします。

子供の晴れ着は、風習では、男子は熨斗目の着物、女子は友禅の着物です。

今は、新しいベビードレスなどが多いようです。

親の服装は、子供が礼服なら、お父さんはダークスーツ、お母さんもフォーマルスーツや付け下げなどです。

また、子供が普通の服装なら、両親も普通の服装でかまいません。

同行者も両親に合わせるか外出着を着るようにするのが一般的です。

お宮参りとは?

お宮参りは、初宮参りとも呼ばれています。

地方により若干違いますが、生まれた子どもの長寿と健康を祈る行事です。

男子は31日目、女子は33日目にお参りするのが一般的ですが、お宮参りの日にちは、地方によって異なります。

目安では、だいたい生後30日前後に行います。その土地の守り神である産土神に参詣し、健やかな成長や幸せを祈る儀式を行います。

今は、地元の神社ではなく有名神社に参詣する人もいるようです。


お祝いを贈られた場合、お祝いに参加して頂いた人はお返しはしなくても差し支えありません。

しかし、お祝いに招いていない人に頂いた場合は心づくしにちょっとしたものを贈るのが一般的です。
 

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/525/index.html on line 207

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/525/index.html on line 207

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/525/index.html on line 209