命名と命名式のやり方

命名と命名式のやりかたですが、昔は生後七日目に命名するのがしきたりでした。

命名書は、正式には奉書紙を使用して書きます。

3等分に折り、右の部分に大きく命名と書き、真ん中に赤ちゃんの名前を大きく書き、その名前を挟むように、小さく右側に父親の名前と続柄、左側に子供の生年月日、命名者の氏名、両親の名前を書きます。

神棚に供えるか、床の間の中央に置きます。

ちなみに出生届は、生後14日までに市区町村役場に提出します。出生届けを出したらはずして下さい。


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/520/post_17.html on line 114

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/3) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/520/post_17.html on line 114

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/520/post_17.html on line 116