お七夜

子供の名前の付け方

名前はきちんと付けなければなりません。昔は名付け親を頼む場合も多かったようですが、いくつか候補をあげその中から選ぶようにしていたそうです。

今では、ほとんど赤ちゃんの両親が考えて決めることが多いです。

今は赤ちゃんが生まれる前に性別が分かる所もあり、お腹の中にいる時に名前を考える人が多いのではないでしょうか。

今の流行の名前や画数で調べたり、中には自分の好きなタレントさんの名前をつける人もいるようです。

しかし、気をつけなければならないのは、戸籍記載されると、改名が容易ではないので慎重にして下さい。

悪いイメージのある文字や名前は避け、姓と名のバランスをきちんととりましょう。

命名するにあたっては、この様な点に気をつけましょう。

子供に対するはじめてのプレゼントになるわけですから、素敵な名前をつけてあげましょう。

命名と命名式のやり方

命名と命名式のやりかたですが、昔は生後七日目に命名するのがしきたりでした。

命名書は、正式には奉書紙を使用して書きます。

3等分に折り、右の部分に大きく命名と書き、真ん中に赤ちゃんの名前を大きく書き、その名前を挟むように、小さく右側に父親の名前と続柄、左側に子供の生年月日、命名者の氏名、両親の名前を書きます。

神棚に供えるか、床の間の中央に置きます。

ちなみに出生届は、生後14日までに市区町村役場に提出します。出生届けを出したらはずして下さい。

お七夜とは?

お七夜とは、赤ちゃんが生まれて七日目のことです。

七日目とは、出生の次の日から数えます。

また、この日までに名前をつけるのが普通です。

お七夜は、赤ちゃんが生まれてからの最初のお祝い行事です。

しかし、お七夜は赤ちゃんもお母さんもちょうど産院から退院する時期と重なってしまうので、無理をせずに両親や兄弟など内輪で簡単にお祝いをしましょう。

産婦の体調が回復していないこともあり、体調が優れないようでしたら、無理して行わず、名前だけ決めて、お祝いは、日をずらしてもかまいません。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/520/index.html on line 199

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/520/index.html on line 199

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/500/520/index.html on line 201