帯祝いのマナー

帯祝いの腹帯

昔は、安産のお守りを添えて、岩田帯を、母方の実家が贈るのが普通でした。

腹帯については、安産祈願した神社にて、お払いをした腹帯を売っている事がありますので、それを購入して巻いてもよでしょう。

帯には、寿という文字を赤で入れますが、神社などで購入したものには、はじめから文字が入っている場合もあります。

巻き方ですが、文字が腹部の中央にくるように巻きましょう。

丸みに沿ってお腹を持ち上げるようにし前でねじりながら下から上へ巻き、最後に布を三角に折って帯に挟み込んで出来上がりです。

面倒に感じますが、慣れてくると簡単に巻けるようになるでしょう。


腹帯も、岩田帯の他にもマタニティーガードル、ジッパー式コルセットや、コルセットタイプの腹帯なども出てきていますし、お腹の安定や保温のために、マタニティーガードルを進めている産院が増えてきています。


帯祝い とは

帯祝いは、妊娠してから初めてのお祝い事です。

妊娠5か月目の戌の日から安産を祈って白いさらし木綿の帯の岩田帯を着ける儀式を行います。

地方によっては、お仲人さんも招いて帯を巻く儀式をする場合もあるそうです。


また、お腹が大きくなると背骨や腰に負担がかかり腰痛などになってしまったり、妊娠線や冷えを予防する必要がある為、帯を巻くのです。

しかしなぜ、戌の日に行うかというと、多産でなおかつ、お産が軽い犬にあやかってのことだそうです。

帯祝は、出産まで何が起こるか分からないという事などから、ごく内輪だけで行います。

帯祝いにお祝いを頂いた場合のお返し

帯祝いにお祝いを頂いた場合は、お返しはどうしたらいいのでしょうか。

食事会でも開き招いて飲食を共にすれば、とくにお祝いのお返しは必要ないと思います。

気になるようでしたら、手土産に菓子折りを用意すれば良いでしょう。

また、自分が贈る立場になった場合は、、本人に聞いてみてからでもよいでしょう。

その時、品物の場合は、紅白ののしがみをかけて、現金の場合は、繰り返しあるようにとの願いを込めて、紅白蝶結びの祝儀袋に入れて下さい。

表書きは、「御祝」「御帯祝」として贈るのが礼儀です。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/300/340/index.html on line 205

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/300/340/index.html on line 205

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/300/340/index.html on line 207