出産内祝いのマナー

内祝いを贈る時期

内祝いは、生後1ヶ月のお宮参りが終わったくらいにするのが一般的でしたが、あくまでも目安ですから、出産後のお母さんと赤ちゃんの体調にあわせて生後2ヶ月頃までに済ませるようにするれば良いでしょう。

けして忘れてはならない事は、金額うんぬんではなく感謝の気持ちです。

内祝いにとても高価な品物など必要ありません。感謝の気持ち、心がこもっていれば良いのですから、親しい人には、内祝いの品物にメッセージや赤ちゃんの写真を添えたりと、ほんの少しの心遣いが喜ばれます。

「お返し(内祝い)はいらないから」といわれたら…

親族にはありがちなケースなのですが、「お返し(内祝い)はいらないから」という人がいます。

しかし、お祝いを頂いた場合、やはり半返しとは言わないにしても、お返しは必要だと思います。

片祝いは縁起悪いと昔から言われています。とりあえず、旦那様どのようにお返しをすれば先方様に失礼に当たらないのかなどを相談して下さい。(出産内祝いのマナー

どうしても受け取ってくれそうも無い時には、別の機会にしてみるのも良いでしょう。

例えば誕生日や、赤ちゃんの顔を見せに行く時に手土産をもって行くなど日常のお付き合いの中で返すこという方法もあります。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/200/240/index.html on line 168

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/200/240/index.html on line 168

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kiroku/public_html/syussan.kouhuku.biz/200/240/index.html on line 170